長崎県アジア産業交流協同組合
TOPページベトナム人研修生受入組合概要組合メンバーフォトギャラリーお問合せ
ベトナム人研修生受入

・外国人技能実習制度とは 
・受入人数と職種
・受入手順
受入実績
・FAQ
(JITCOホームページをご参照ください。)

外国人技能実習制度とは

 
 長崎県アジア産業交流協同組合では、現在、海外研修生派遣サービス公社(NHHK、IPM、LEAPRO)との協力により、技能実習生の受け入れ事業を行っており、御好評を頂いております。
 世界一、勤勉と言われるベトナム人技能実習生に貴社での実習を通じて、より実践的な技術・技能をご指導頂き、企業の活性化・国際化の一助としてご活用下さい。

 「外国人技能実習制度」とは、入国後講習(1ヶ月)修了後、雇用関係の下で、実際の労働を通じてより実践的な技術・技能等を修得することを目的とし、「人づくりを通じた国際貢献」を意味します。「技能実習制度」の創設は、その導入地域において外国人不法就労者の排除に大きな役割を果たしています。

この受け入れ事業は外国人技能実習機構(OTIT)の指導に基づいて行われます。


 
派遣について
派遣機関:
ベトナム送出し機関 NHHK、IPM

実習期間:

5年(出入国管理法に準ずる)技能実習1号 期間1年、技能実習2号 期間2年、技能実習3号、期間2年、最長計15年


対象:
主として機械・金属関係、その他 ※宿舎の用意が必要です。
受入対象:NHHK、IPM、LEAPROが厳選した候補者(19~27歳が中心)から企業様が選抜します。
※ベトナム送出し機関で直接面接して頂きます。 
 
費用について

※長崎県アジア産業交流協同組合への入会が必要です。
長崎県アジア産業交流協同組合の入会費は、
出資金10,000円(退会時返金)、年会費は50,000円です。※1社分。

管理費:
19,800円(消費税10%込)※技能実習生Ⅰ名分

採用申込金:
44,000円、但し企業様が現地面接した場合は22,000円
※技能実習生Ⅰ名分

その他費用:
入国後講習費用24,000円、講習手当65,000円、技能検定料(実費)が必要です。

  

 
受入人数と職種

  技能実習生の受け入れ人数枠
 
受け入れ企業の常勤職員数
技能実習生の人数
201人〜300人
15人
101人〜200人
10人
51人〜100人
6人
41人〜50人
5人
31人〜40人
4人
30人以下
3人以内
  ※常勤職員数が301名以上の企業は、常勤職員数の5%の人数が受け入れ可能です。
   
  受け入れ職種
 
 
受入手順
  以下の基本スケジュールによって運営されます。
「外国人技能実習制度」
 

ベトナム派遣元機関推薦の受験者から現地にて企業様が面接、正式に決定、その後組合が書類を提出する。

選ばれた技能実習はビザ発行までの期間に、日本語の学習を中心に、
日本の風俗や慣習をベトナムにて、3ヶ月間の入国前講習として学ぶ。

来日後、1ヶ月の入国後講習の後、各受入企業にて約1年間の技能実習を行う。

 
  「技能実習制度」
 

1年間の技能実習を終え2号技能実習生になる為の技能検定・試験を受検する。
合格するとその後2年間所属する企業で雇用関係の下で2号技能実習生として行う事が出来る。

3年間の実習を無事やり遂げ帰国するか、又は、2号終了前の検定に合格した者で希望者は3号技能実習生として更に2年間実習できる。

 


>>受入実績はこちらをご覧ください。


 
Copyright (C) 2007 NAIX All rights reserved.